MENU

HOME 文化・歴史 筑波宇宙センター展示館

筑波宇宙センター展示館

筑波宇宙センター

「筑波宇宙センター」の開設は1972(昭和47)年。日本の宇宙開発の中枢として多彩な活動を行っている。

約53万平方mの敷地に、研究学園都市にふさわしい緑ゆたかな環境と最新の試験設備を完備。センターの役割は、人工衛星やロケットなど将来の宇宙機の研究開発や開発試験、そして打ち上げた人工衛星を追跡管制するわが国のネットワークの拠点機能だ。

さらに、国際宇宙ステーション計画に向けた「きぼう」日本実験棟の開発や試験、宇宙飛行士の養成なども行われている。敷地内には、宇宙輸送ミッション本部や第一衛星利用本部、研究開発本部、有人宇宙ミッション本部、宇宙科学研究本部の一部があり、宇宙開発の最先端分野の研究や開発、試験が日夜進行中だ。

敷地内には見学無料の展示館「スペースドーム」「プラネットキューブ」も併設されている。展示されているのは、ロケットや人工衛星、国際宇宙ステーションや「きぼう」日本実験棟の実物大模型など。

また、事前に予約をしておけば、宇宙ステーション「きぼう」の管制室見学、宇宙飛行士養成施設の見学、ロケット音響の体験といった無料の施設見学ツアーにも参加することができる。

筑波宇宙センター展示館
所在地:茨城県つくば市千現2-1-1 
電話番号:029-868-5000
開館時間:10:00~17:00
休館日:月曜日(不定期)、年末年始、施設点検日等

HOME 文化・歴史 筑波宇宙センター展示館

PAGE TOP