静かに時が流れる、緑と光があふれる場所

守谷城址公園

守谷城址公園
守谷城址公園

平将門が築城したとの伝説がある「守谷城」は、ながく将門の子孫を名乗った相馬氏の居城であったが、相馬氏が豊臣秀吉に滅ぼされた小田原の北条氏と運命を共にした後、数家城主を替えたのち、1628(寛永5)年に廃城となった。「守谷城址公園」は、当時の地形を利用して整備された、水と緑が美しい公園だ。

守谷城址公園
守谷城址公園

園内には守谷城跡の土塁や堀が残っており、昔の面影を垣間見ることができる。また、広々とした多目的広場で遊んだり、水辺を散策したりしてゆっくりと過ごすのも気持ちがいい。春には桜の名所ともなっている。

守谷城址公園
所在地:茨城県守谷市本町 

詳細地図