静かに時が流れる、緑と光があふれる場所

守谷城址公園

遮るものは何もない広々とした敷地内
遮るものは何もない広々とした敷地内

鎌倉時代に平将門が築いたともいわれている「守谷城」。1628(寛永5)年に廃城となったが、その跡地は現在、豊かな草木が茂る公園となっている。「守谷」駅からは歩いておよそ20分強と少し離れているが、住宅街を抜けた先にぽっと現れる、静かで穏やかな空気が流れる自然あふれる場所。

散策にはうってつけの、まっすぐに続く散歩道
散策にはうってつけの、まっすぐに続く散歩道

すべてを散策するのに1時間以上はかかるであろう広々とした敷地には、芝生が広がる「芝生広場」、脇にかすかなせせらぎを奏でる水が流れる多目的広場、草木が生い茂る「城址」、かつて「守谷城」のまわりは湖沼でかわうそが生息していたことに由来する「かわうそ弁天」、そしてたっぷりと水をたたえた静かな池がある。

園内には、水鳥たちが憩う静かな湿地帯もある
園内には、水鳥たちが憩う静かな湿地帯もある

広場の一面の芝生には1本の散歩道が通っており、子どもを連れた若夫婦や年配者が散策を楽しんだり、犬の散歩をしたりと各々がゆっくりと自分の時間を過ごす姿が園内では見られる。園内を歩いていると、街中では見ることができない植物や生物などと出会うことができる上、季節の移り行く様を肌で感じることができ、子どもはもちろん大人にとっても驚きや発見がある、とても貴重で魅力的な公園だ。

土塁や堀などもある城址ゾーン
土塁や堀などもある城址ゾーン

園内奥にある池ではカワセミの姿も見られる
園内奥にある池ではカワセミの姿も見られる

また、「守谷城址公園」の向いには「守谷北園森林公園」もあり、こちらもの木々が作り出す木漏れ日が美しい自然豊かな公園。園内にはブランコやアスレチック遊具などもあり、子どもたちに大人気の場所となっている。自然とのふれあい、またはリフレッシュをしたい時などに気軽に行ける散策スポットとしてまずはチェックしておきたいスポットだ。

守谷城址公園
所在地:茨城県守谷市本町 

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ